SAMPLE JOB

お問い合わせはこちらhttp://factoring0.work/

介護業界とファクタリング

介護業界とファクタリング

ファクタリングを利用している業種の約3割が建設業界というデータもありますが、 もっと身近かつ、これから自分たちがお世話になるであろう業種も、ファクタリングによる経営改善に向いている業種があります。

 それは、『介護業界』です。

介護業界は、施設を運営する会社もあれば、ヘルパーさんを派遣する会社もありますね。 どちらも支出では人件費の割合が非常に高く、まとまったキャッシュが必要になります。

立ち上げたばかりであったり、新しい設備や機器を導入した時の出費と重なってしまった時にどうしても間に合わない時があるかもしれません。

介護業界は常に需要があるものの、競争率も非常に激しいので、

設備や人件費への投資を渋っていては残っていくことができません。

介護職は職員の肉体的負担も精神的負担もかなり大きく、それに対する給与や賞与がきちんと設定されていなければどんどん従業員は離れていきますし、 従業員が頻繁に変わっている施設というのはどうしても利用する側からしたら不安になりますし、良い印象はなくなります。
施設を開業した場合、利用者が1割~2割負担になるのに対し、残りの負担は国民健康保険団体連合会(以下国保連)に請求することになります。

しかし、請求して支払われるのは1ヶ月半後と建設業よりは早いとはいえそれでもかなり先になってしまいます。

こうした現状から、介護業界専門のファクタリング会社も存在しています。

精算先が国保連というのもあり、確実に回収出来ることから、手数料も他の業種より比較的低く設定されています。

3社間ファクタリングになるので国保連に報告することが必要になりますが、それによる何かしらのリスクや信頼低下、 風評被害は今のところ聞いたことがありません。
なにかしらのリスクをあえて言うならば、ファクタリング利用開始時の手数料にばらつきがあることくらいでしょうか。

中には1回きりではなく回数や期間で設定されているファクタリング業者もあり、その場合は更新料という項目を設けているところもあります。
しかし、長期にわたりファクタリングを人件費などの運営費用に使用していては、根本的な業務改善には繋がらず、 最終的には悪化する一方になってしまうので注意が必要です。

今だ!と思った直感を信じてタイミングで業務拡大をしたり、人材増員、改修をするのが一番だといいますが、 どうしてもそれに伴う出費は免れません。

しかし、そのタイミングを逃して気持ちを燻らせてしまうのは勿体ないと思います。 

ファクタリングに頼りきることは危険ですが、一時的な補填として使用するのは非常に良いシステムだと思います。